スタッフ全員で同じ方向を向いて、いい結婚式を創らせていただきたい

阪本 さくら
キャプテン
今回は長野市内の人気結婚式場テラスグランツでキャプテンを務める阪本さんにお話を伺いました。阪本さんは、新卒で入社されて以来、様々なお客様との出会いの中で自分自身の成長を実感し、仕事のやりがいや喜びを見出すことができたそうです。ぜひ参考にしてみてください。
-- 初めまして。本日は阪本さんに先輩としてのお話を伺いたいと思います。よろしくお願いします。
初めまして。とても緊張していますが、よろしくお願いします。
-- 阪本さんがキャリアを重ねていくにあたって、どんな事を心がけていますか?
たくさんありますが、一番は、「できない」という一言ですぐに諦めたくないという気持ちがあります。クレド(会社の行動指針)の中に「出来ない・やらない・分からないではなく、やれる方法を見つける」という言葉があります。仕事をしている中で時々「無理かも…」と思ってしまうことがあるのですが、そのような時でも、クレドの言葉がパッと思い浮かぶので、今の状況で自分にもっと何か出来る方法はないだろうかと考えるようにいつもしています。
-- 仕事をしていて一番嬉しいのはどんな時でしょうか?
やはり、結婚式当日にお客様がお帰りになられる際に「ありがとう」と言っていただくのが一番嬉しいですね!
お客様の人生のハレの日を一緒に創らせていただくことができて、それが本当に最高の日になったと思っていただけたのであれば、こんなに嬉しいことはないです。
-- お客様の門出を見届ける、やりがいのあるお仕事なのですね。
はい。そうなんです!
結婚式は準備段階から当日まで色々とやらなければならいことが多くて大変だと思います。そんな新郎新婦のお2人に寄り添って、私たちがチーム一丸となって、できる限りのことをさせていただく。後日、お客様がご夫婦で食事やイベントの際にテラスグランツに足を運んでくださって、自分のことを覚えておられて、お声がけいただいたりすると本当にこの仕事をやっていて良かったと思います。
-- テラスグランツはどんな職場ですか?
一緒に働いているスタッフ全員が同じ方向を向いて「新郎新婦にとって最高の結婚式にさせていただこう」という想いを一人ひとりが強く持っています。
そして、「結婚式は家族の輪を広げる場」という考えを持っていて、従業員同士もそうですが、来てくださるお客様を含めて、その場にいる方々同士がより深く繋がれる、そんな素敵な場所だと思っています。
-- 後輩にテラスグランツを紹介するとしたら?
自信を持って「スタッフ同士の仲もいいし、団結力あるよ!」ということを教えてあげたいですね。
実際、先輩も懇切丁寧に指導くださいますし、体力的なことは別として、仕事が辛いと思ったことはあまりないです。